ラジウム温泉とは


    日本には、数多くのラジウム温泉があり、古くから湯治として愛されてきました。 身体の芯から温まる事の
    重要性が問われる昨今、 水道水では味わえない温泉地の環境もさることながら独特ものがあります。 
    ラジウム温泉(放射能泉)は、何万年もかけて水に溶け込んだラジウムが壊変しラドンという気体になります。
    そのラドンが肺から血液中に取り込まれ、さらに細胞へと運ばれ壊変時にアルファ線を出し周りの細胞に
    イオン化作用をもたらし治療効果が期待されます。

     (人間自身も骨などに含まれるカリウム40などから数千ベクレルの放射線を出しているんですよ。)


不動温泉の成り立ち

    ここ北白川一帯に分布する花崗岩(含褐簾石黒雲母花崗岩)は酸化トリウムを
    1.0〜2.0%程度含んでおり風化後地下へ浸透し壊変後ラジウム含有泉へと
    なります。 これが当温泉です。
    又、花崗岩風化後は白川砂の名称で平安京の時代より浸しまれており京都の
    社寺、平安神宮の境内や竜安寺の石庭などに愛用されております。

効能は
    リューマチ ・ 胃腸の疾患 ・ 関節痛 ・ 脊椎痛 ・ 更年期障害 ・ 創傷
   神経痛 ・ 自律神経失調症 ・ ノイローゼ ・ 喘息 ・ 慢性気管支炎
   皮膚疾患 ・ がん疾 ・ 不妊症 ・ 肩こり ・ 痔 ・ うちみ ・ くじき ・ しもやけ
   腎臓病 ・ 肝臓病 ・ 心臓の疾患 ・ 動脈硬化症 ・ 痛風 ・ 歯周炎など、
   様々な症状に効能があるとされています。


----------------------------------------------------------------------------------------------------
本文へジャンプ

  「無料で貸し出ししております。」

ラジウムシートで玉川温泉(ホルミシス)を体感しませんか。
   
   
がん患者の聖地、玉川温泉の鳥居前で療養されている方々の要望で、
    秋田・玉川温泉までいかなくても鳥居前と同等の電磁波を味わえるように
    致しました。


    
    
玉川、鳥居前ガンマ線測定(↑)

   
    
ラジウムシートのガンマ線測定(↑)

  
 このシートは電磁波による刺激により、がん抑制遺伝子(p53)を目覚めさせると言
    われております。

   ラジウムシートとフィチン&イノシトールの併用で、肺線がん〜リンパに転移
   されたお客が6ヶ月で全快された温かいメールも当温泉でご紹介しております。
   (ラジウムシートは体の外からの刺激により、フィチン&イノシトール
    イノシトール1〜6リン酸は体の内部から)

   玉川鳥居前と同等ガンマ線量のラジウムシートは格安にて販売もしております。
  


トップページへ